幸せの歩き方

千葉県八千代市本格タロット算命学占い。3か月で願いが成就する理由。私と出逢った人みんなが幸せを掴んでいけますように。

変わりゆくもの。

人は変化に弱い生き物です。誰だって怖い。

だって、今まで平和に過ごせてこれたし、この前まで普通に会えていたのに、ちょっとした環境の変化でその「普通」「当たり前」が当たり前ではなくなってしまう怖さ。

春は色んな変化が起こりやすく、そういうご相談も多く受けます。

今もモヤモヤしてしまっている方へ。鑑定の中でお伝えさせて頂いているお話をお届けしたいと思います。

 

今まで手を伸ばせばすぐに触れられる距離にいたのに、自分の知らない相手の世界がどんどん広がっていく。会話の中に増えていく知らない人の名前や場所。もしかしたらその知らない人たちの中から私よりももっと魅力的な人に出逢ってしまうかもしれない。そんな不安に押しつぶされそうになる事は、誰しも経験があると思うし現在進行中の人もいるかもしれません。

 

そんな時に時々鑑定で目にするカードがあります。


f:id:heartfulwing:20170521145818j:image

大アルカナ13番目のカード、「死神」。

 

ネガティブに受け取られがちなカードだし、出た瞬間に「あぁ…。彼はもう別れたがっているんですね…」と思い込んでしまう人も多いです。

 

だけど、ちょっと待って。本当にそう感じて終わらせられるほど簡単なものですか?

 

私の好きなクリサリスタロット、死神と呼ばれるカードに描かれているのはアリアドネという神話に出てくる女神。手に毛糸を持っています。「アリアドネの糸」という神話では女神アリアドネが好きな人と共に塔から脱出しようと毛糸を垂らしてそこから逃げ出します。

細い細い毛糸で、もしかしたら切れて落ちてしまうかもしれない。そんなリスクを冒しても今のこの環境から一歩踏み出すという勇気を、この「アリアドネ」が示す死神は教えてくれているような気がします。

『今の環境から一歩を踏み出す勇気』

 

 

晴れの日がずっと続いていたら、それが当たり前になってしまうでしょう。でも、雨が降らないと植物が育たないし、乾いた土から甘い果実は実りません。雨の日もあるから天気がとても嬉しく感じられるんです。変化は時にそうやって「当たり前」の大切さを教えてくれたりするのだと思う時があります。

 

 

ずっとずっと陽だまりの中にいたいけど、喉が渇く時だってあります。その渇きに気付くのがあなたかもしれないし、相手の方が先かもしれない。

 

その場に留まって、一緒に「喉渇いたねー(´・ω・`)」と言うのか、更なる潤いを求めて動き出すのか。

留まっていても、喉の渇きが得られる保証もないしもしかしたら二人ともそのまま干からびてしまうかもしれない。

 

 今までいた場所に安心していたのにそこから一歩を踏み出すのってすごく勇気がいることです。だけど、変化や試練は必要な時に与えられて越えられないレベルのものではないはず。変化をポジティブに受け止めて、二人で一緒に潤う方法を探しにいけたら、きっとその先にあるのは確実に今よりももっと安心できる場所だと思うのです。

 

「当たり前」の事が実は全然当たり前じゃなくて、すごく恵まれていることなんだ、そう気付けた時に自分や相手に対して温かい気持ちが生まれてきます。

その温かさや相手を思いやる気持ちは、確実に自分の中の不安や焦りを掻き消してくれる力強い味方になってくれるでしょう。

 

大切なのは、相手も大事だけど自分自身を大事にするということ。

そして、大切な人があなたを選んだということにもっと自信を持って。

相手主導じゃなくて、自分でしっかりと手綱を持って変化に向き合うことできっと「一歩を踏み出す勇気」が手に入ると思います。

 

今よりももっと、強くて優しい自分に出逢う為の変化。

そのチャンスが巡ってきたのはきっと幸運なこと。

 

読んでくれてありがとうございます。

 

ポチッとお願いします!


人気ブログランキング

 

虹穂。