幸せの歩き方

千葉県八千代市本格タロット算命学占い。3か月で願いが成就する理由。私と出逢った人みんなが幸せを掴んでいけますように。

戦場とパンケーキ

お久しぶりの投稿になってしまいました。

マイペースに更新していきます。算命学士の虹穂です。

最近の私は、新しい事をドンドン始めていくのも良いけど、ベースをもっとしっかりとしていきたいな、と思い毎日鑑定よりも勉強に割く時間が多くなってきています。

タロットで読み取ることも大切ですが、算命学としての学力をもっと上げてより具体的な解決策をお伝えしていけるようにならなくては、ですね!

 

さてさて、表題のタイトルですが最近よく思う事があるので記事にしてみようと思いました。

 

女子というものは常に向上心を持って頑張っている男性が好きなもの。

 

生物学的にも、本能的に生命力や強い遺伝子を求めると言いますものね。

だがしかし、こういう男子は得てして多忙な人が多いものです。

お付き合いが始まった頃はどんな事をしてでも時間を割いて会っていても、徐々に慣れてくると優先順位が少しずーつ変わってくる。

そんな時、男子が良く言うのは

「言いたい事とかあったらちゃんと言って。聞くから」

 

この言葉に女の子は会いたいけど会えない寂しさをぶつける訳ですね、会っている時のような感覚で常に「日々を共有する事の安心感」が欲しいんですもの、

 

でも電話をしたりLINEを送っても何となく冷たいし、興味なさそう。。。

そんな事ってないでしょうか。

「いつでも言ってって言ったのに!」そんな約束破りのごとく怒りも出てくる訳ですが。

でもその理由がハッキリしたらもう少し上手く付き合えると思います。

 

その時男子に見えている景色

男性と女性はそもそも物事を考える視野が全然違います。

女性はすべての物事を平面で一緒に考えられるのに対して男性はその場その場の定点なんです。それぞれが独立していて、個別には交わらない。だから必然的に優先順位ができてきます。つまり環境にも左右されやすい思考になりますね。新しい部署に異動になったり新たな仕事を任された時、完全に頭の中は仕事の事でいっぱいになります。

 

何が言いたいのかといいますと、いくら彼に「思ってることはちゃんと言って」と言われても、それはあくまでも

(俺の状況を理解してくれた上で)思っている事を言って」

という勝手な理論に基づいています。

 

例えていうなら、戦場というのは言い過ぎかもしれませんが、これから戦地に向かう男性が自分の責務も果たしつつ、大切な人も守りたい!と

 

「頑張ってくるから何かあったらいつでも言ってくれ!」と言ったのに対して

「あのね、私ね、〇〇のパンケーキ食べたいなぁ♡それでね、クリームは増し増しにしよっかなぁ♡」

と言われたら…

(え?それ…今必要?なんで?)…う、うん。(なんでも言ってとは言ったけど、それ今言う?!)

となってしまう訳です。

 

もちろん、自分が自分らしくいる事も、そういうお付き合いができればベストだけども。いつも環境が整ってくれている事は実は稀だったりします。

そんな時に、自分の気持ちや希望だけを優先してしまうとお互いの間に持たなくても良い「不満」が生まれます。

お互いに「わかってくれない」を持ってしまいます。男性は「環境や状況」女性は「私の気持ち」

不要なすれ違いをなくす為にも、相手と同じ視線で景色を見られるかどうかが大事ですね。

彼が必死に頑張っていたら、

「こっちは何も心配しなくても大丈夫だからね。」と安心して送り出してあげられるのは心の強くて優しい女性。本当に優しい人というのは心が強い人でもあります。

そしておねだり上手。

忙しい時には会えない事は割り切って、「週末15分くらいでも時間作れるとこない?話したいな。」と相手にとって負担の少なそうな提案をしてみる。

会えない時、忙しい時にどれだけ上手く相手の視点に立てるかと自分の気持ちのコントロールができるかで、不要なすれ違いはなくなるはず。

 

戦場とパンケーキ

相手の環境に合わない甘ーい話ばかりだとお互いに苦しくなっちゃいます。

せっかくなら、戦場から戻った彼と同じ目線でパンケーキを美味しく頂きたいものです。

誰だってそう思うはず。

ただちょっとタイミングを間違えちゃうだけなんですよね。

 

今日も大切な人を想える一日でありますように♡

 

読んでくれてありがとうございます。

ポチッとお願いします!


人気ブログランキング

 

 

 

虹穂♡

 

 

heartfulwing.hatenablog.com

heartfulwing.hatenablog.com